フレッシュでフルーティーな吟醸香を持った清酒が主流となっている現在、本来の日本酒の味わいである「米の旨味とコク」を追求するこだわりを続けている。
昭和62年からは製造する清酒の全てを純米酒以上とし、熟成によって旨味とコクを更に引出す技術は、飲んだことのない方は飲んでみる価値あり。

神亀 純米 辛口
2年熟成

1.8L 3296
 

 辛口と書かれていますが、酒度から想像するような辛口ではありません。逆にほんのりと甘味に感じます。
含み香は濃厚な米本来の旨味を感じ、のどに落とすと静かに辛口に
切れて行きます。
ただこの酒は是非お燗をしてお飲み下さい。
冷やの状態より大きく膨らみ旨さが更に増します。
後味として口の中には、雑味エグ味は全く残りません。地酒通におすすめの落ち着いた大人の味わいです。
 

神亀 真穂人 純米 
2年熟成

1.8L 3296
 

 千葉県の契約農家で栽培された有機栽培の五百万石のみを使用。
程よい熟成香とコクとキレ。どんな料理にも合います。
このお酒もお燗をすると本当の実力を発揮します。
 

神亀 ひこ孫 純米 
3年熟成
1.8L 3780円
 
3年熟成からなるコクと深い味わいは他の追随を許さないと言った感じで、お肉料理や味の濃い料理などにも負けない味です。
キレもよく、飲めば飲むほどに味わいが増していくそんなお酒です。 

 




↑ご注文のFAXはコチラから
inserted by FC2 system